コンテンツにジャンプ

ホーム > おやまの農産物 > すいか

すいか

すいか

すいかの原産地は諸説ありますが、南アフリカとする説が有力です。日本へは江戸時代初期に入ってきたとされています。果物として売られていることが多いですが、すいかは他の果物のように樹木からの収穫ではなく、畑に植えた草本植物から収穫するため、野菜としても取り扱われています。水分が多く利尿作用があり、腎臓によいと言われています。

■小山市では、絹地区で多く栽培されています。

小山市の収穫量

小山市の収穫量

<データ提供:関東農政局栃木農政事務所栃木統計・情報センター>

さらに調べる

独立行政法人農畜産業振興機構(野菜図鑑・すいかのページ)(外部サイトにリンクします)

Yahoo!きっず(食育・レシピー食材図鑑、目次ページ)(外部サイトにリンクします)

果物ではじめる健康生活、毎日くだもの200グラム!(くだもの辞典すいか)(外部サイトにリンクします)

野菜等健康食生活協議会(野菜・果物の健康維持機能に関する研究動向スイカ)(外部サイトにリンクします)

関連リンク